査定額 違い

サイトマップ

査定額がつく車とつかない車の違い

 査定額がつく車とつかない車の違いはかなり微妙です。最近では、どんな車でも必ず買取してくれる中古車業者が増えてきたからです。基本的に事故車やあまりにも古い車は、査定額がつかない車ですが、そうした素人から見てまったく価値がないような車でも、どんな車でも買取してくれる業者に持っていくと、買取ってくれる可能性が高いです。

 昔は、10年落ちの車は価格が付かないとよく言われましたが、今は10年落ちくらいなら、それなりの査定額が出ることがあります。実際、何社かの買取業者を回っていると、それまでどこも査定額がつかなかったのに、数万円で買い取ってもらえたりすることがよくあります。手間をかけても売れるところを探すと信じて何社も回れば、思ってもいなかったような金額で買い取ってくれる場合があります。かりに査定額が付かなくても、無料で引き取ってもらえる可能性は大いにあります。

正直のところ、査定額がつく車とつかない車の違いは、車査定をじっさいに受けてみないとわかりません。今では、多走行車で査定額がつかなかった車でも、大丈夫な場合が多いのです。一社だけに査定を出すのではなく、一括査定サイトを利用して複数の買取業者に査定してもらうことで、売れないと諦めていた車でも思わぬ査定額がついて得するかもしれませんよ。

まずは、査定を受けるだけ受けてみてはいかがでしょうか?売るのは金額を見てからでも十分間に合います。

イラストar全国対応の車査定サービスはこちら

高く売れる車種は?

一般的に高く売れる車種は色々あるといわれています。

 購入価格より高く売れる車種は、量産車でなく、可能性があるのは、FD、NSX、S2000辺りになります。それ以外にフェラーリは高く売れる車種だといわれています。新車の場合、オーダーしてから数カ月〜1年以上かかるものもあり、待ちきれない人も多く、高くても買ってくれる可能性があります。

 また、希少価値があるので、かなり古い型の中古車でも高く取引されています。特におすすめなのは、アバルト695トリビュートフェラーリで、これはフェラーリという名前が付いていますが、Fiat500をベースにして、Fiatを親会社に持つフェラーリとカルロ・アバルトとのコラボレーションモデルになります。

 国産車では、ハイエースやランドクルーザーなどが、比較的高く売れる車種です。基本的に、高く売れる車種は、車の装備がしっかりしているハイグレードな車で、中古車だから、なおさらハイグレードな車を買いたいというユーザーがたくさんいるからです。それにオプションが色々とついていれば、より高く売れます。

 同じ車種でも、グレードが高ければ高いほど評価も高く、その車についてまわる価値が高くなります。高級車になるほどその傾向は強くなります。

イラストar車の買取金額をアップさせる秘訣はこちら

「車査定で高く売りたい人へ」について

車査定で高く売るためのポイントを5つご紹介。すぐに車を売りたい方は、最初の3つだけでも実践してみてください。

Copyright © 車査定で高く売りたい人へ. All rights reserved