車 売る 書類

サイトマップ

自動車の売却に必要な書類

車を売る時に必要な用意しないといけない書類があります。

1つ目は車検証
 基本的にこれは常に車内に携帯しておくことが義務づけられているものです。紛失した場合は運輸支局で再発行の手続きをしてもらう必要があります。

2つ目は自動車税納税証明書
 毎年5月末までに納めるべく、自動車税納税証明書が必要です。これは毎年4月1日現在に運輸支局に登録されている車の所有者に課税される証明書類で、車を売る時には必ず必要です。自動車税は毎年5月中旬以降に納付書が送られてくるので、納付した証明書は大事に保管しておきましょう。紛失した際は、各都道府県の税事務所で再交付してもらわなければなりません。

3つ目は自賠責保険納入証明書
これは車を公道で走らす際に必ず加入しなければならない強制保険で、車検が残っている車を売る時、必ず必要な書類です。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていると車を売却することはできず、紛失した場合は、加入している保険会社に連絡して再交付してもらいましょう。

その他に、3カ月以内に発行された印鑑証明書や実印、そして、自動車リサイクル料金を預託している場合には、リサイクル券が必要になりますので、急いで車を売りたい方は、早めに必要書類を用意しておきましょう。

イラストar売る前にチェック!車の査定額を上げる方法

「車査定で高く売りたい人へ」について

車査定で高く売るためのポイントを5つご紹介。すぐに車を売りたい方は、最初の3つだけでも実践してみてください。

Copyright © 車査定で高く売りたい人へ. All rights reserved