旧型ヴィッツ 買取相場

サイトマップ

旧型ヴィッツの買取相場

 現在新車販売されているヴィッツは2010年に販売を開始した3代目で、車両型式はNSP130・KSP130・NCP130・NSP131・KSP131・NCP131というものになります。これ以前の車種は旧型ヴィッツになってきます。ヴィッツはコンパクトカーとしてとても人気がある車種で、初代は1999年に製造・販売が開始されています。

 さすがに初代ヴィッツになると10年以上前の車種になりますので、買取相場としては低調で、初代ヴィッツの中でも後期になる2005年式のSCP10の場合でFLパッケージであればおおよそ10万円〜14万円程度になるようです。

 2代目にあたるSCP90の場合で、2006年式のFグレードの場合には、18万円〜29万円程度が買取相場になっているようです。同じ2代目のSCP90の場合で2代目の後期になる2010年式のFグレードの場合には、43万円〜68万円程度がおおよその買取相場になっているようです。もちろん、この相場は実際の買取価格とは異なりますので、それぞれの車ごとに異なってくることになりますので注意は必要です。

irasutoV旧型ヴィッツが高く売れる自動車査定はこちら

トヨタ 旧型ヴィッツ仕様
型式:DBA-KSP90
全長×全幅×全高:3785×1695×1520mm
ホイールベース:2460mm
ボディタイプ:ハッチバック
室内長×室内幅×室内高:1855×1390×1270mm
乗員定員:5名
車両重量:990kg

vitz コンパクトカーの代表作として挙げられる程のクオリティを満たしているトヨタの2代目ヴィッツ(Vitz)。使われているエンジンは、直列3気筒と直列4気筒のVVT-i仕様。1L・1.3L・1.5Lと3つの排気量で分けられています。新型ヴィッツはもちろんのこと旧型ヴィッツも大変人気があり、中古車としても比較的高い値段で売られています。そのため、クルマの状態や色によっては、かなりの高額査定が見込める車種だといえます。また、女性が運転するのにちょうどいい大きさなので、セカンドカーとして所有する方もいます。

top旧型ヴィッツを高く売る方法はこちら

「車査定で高く売りたい人へ」について

車査定で高く売るためのポイントを5つご紹介。すぐに車を売りたい方は、最初の3つだけでも実践してみてください。

Copyright © 車査定で高く売りたい人へ. All rights reserved